リネア  TAKEGUCHI KANAME

なんでこんなにぴったりでかわいい名前が
思いつくのかますます不思議な竹口ワールドです。
内側と縁がゴールドの混じった焦げ茶、
また本体は渋い手描きの線がポイントのカップ、リネア。

今回はSサイズとMサイズが揃いました。
Sサイズはお湯呑としても小鉢としても。
Mサイズは大きめのお湯呑、またはコーヒーなどにも。
白のお皿とも黒のお皿とも相性がよく、
個性的なカップです。

竹口さんの作品はパッと見ると一瞬磁器かなと思うくらい
きめ細かい生地で作られています。
土を独自の方法で調合し、味を出すために雲母を加え
内側は染みないように釉薬をかけてつるりとした感じ
外側は土の持ち味を生かした仕上げとなっています。

(プレートは全体に釉薬がかかってつるりとした感触です。)
SサイズとMサイズ。いろんな使い方ができます。
Sサイズは手のひらにすっぽり。




竹口さんのこの錆びたようなゴールド混じりの
焦げ茶の色が素敵だなあ・・と思います。
薄くきっちりした作りの竹口さんの作品ですが
手描きの線とこの金色っぽい焦げ茶で
いい味が出ていますよね。

しかも名前はリネア。
やっぱり和食器じゃないよなあ・・
そうそう・・肝心なことを忘れてました。
どうしてこの名前がついたのか、
今度聞かなくっちゃ。

←ミルクティーもおいしそう^^

商品名 リネアS/竹口要
商品NO TK-0013A(1客) 
価格  2300円 (税込2484円)SOLD
サイズ 直径8高さ6cm
容量 約110cc
商品名 リネアM/竹口要
商品NO TK-0013B(1客) 
価格  2800円 (税込3024円)
サイズ 直径9高さ7cm
容量 約200cc

手触り 全体的につるりとしています。

※作品は手作りのため、ひとつひとつ
色や形は微妙にかわります。
写真とまったく同じではありません
のでご了承ください