白樺のかご  
 

フィンランドの伝統工芸品である白樺のかごを
今回少量ですが販売いたします。
小さなミニかご、パンかごに使える丸や楕円のかご
そしてハンドル付のかご大小となります。

フィンランドを代表する木といってもいい白樺。
この白樺の樹皮のみを使用して作られるTuohikori(トゥオヒコリ)は、
大変古い歴史を持つもので古くは1800年代から多種多様化されてきた、
フィンランドオリジナルのものです。

その昔は、建築材料、大切な商品を外国まで運ぶための容器、
食料カゴ等として活躍してきました。
現在でも、カゴの様な小物から家具まで色々なものが生産されてます。
この様に、多種多様化される理由の1つとして、
耐久性・浸透性そして持久性に優れた素材のよさにあるといえます。
何世代にも渡って受け継がれてきた何ともいい味を出してるカゴを
フィンランドの家庭でよく見かけます。 


マテリアルとしては、(フィンランドでは)決して珍しいものではありませんが、
樹皮を機械を使用せずに剥がす作業に手間隙が掛かる上に、
材料を収穫するベストシーズンが北欧の短い夏に限られることから、
良質の樹皮を得るのは決して容易とはいえません。
また、手仕事で丹念に製品に仕上げられていくために、
色形など温か味のある風合を楽しめます。



※自然の白樺の木を使っていますのでまったくの写真どおりではありません。
ご了承ください。現在フィンランド国内での白樺のかごの確保は非常に
難しくなってきています。なお次回入荷は不確定となっております。




 
     
     
 
 
↑小さなミニかご  

↑お世話になっているこつぶさんとアルモさんのカード

 
↑ほぼ丸の形    ↑ 白樺の皮の感じは味がある感じです
 
↑楕円の2個セット   ↑セットでバラバラでいろいろ使えます!
 
↑丸の3個セット   大・中・小・・パンを入れたりおやつを入れたり・・
 
ハンドル付白樺のかご   横から見て
 
小さいサイズも結構はいります   大きいサイズはお茶やお菓子が入ります♪
     

     
 
     

お客様の声♪
白樺のかごを注文した Hと申します。丸と楕円2セットを注文したので、大きさの違ったかごが合計6つになりましたが、しまわないで、飾らないで普段に使おうと最初から決めていたのであーだこーだ、こっちだあっちだと配置を換えたりと、もう、うきうきわくわくとこんなに楽しい気分になったのは久しぶりです。ありがとうございました。そして、使い出してからすぐに溶け込む、昔から我が家にあったような不囲気、使い勝手は、さすが北欧の伝統工芸だと思いました。大切にでも、がんがん使いたいと思っています。白樺の木肌というのは、思ったよりも、意外にしっとりした感じでした。これからだんだん水分が抜け、濃い色に変化していくのでしょうか? これからがとても楽しみです。この白樺のかごで、手提げかごのようなもっともっと大きなのもあったらステキですね。違うデザインがありましたらこからもまた紹介してください。 

     
     

     
   

商品名 白樺のかごミニ
商品NO ETC-309A 
価格 1800円(税込1944円)

サイズ よこ7.5たて7.5m高さ6cm






     

     
   

商品名 白樺のかご中サイズ
商品NO ETC-309B
価格 3000円(税込3240円)

サイズ よこ18たて18m高さ8cm



     
       

       
       
   

商品名 白樺のかご楕円セット(2個)
商品NO ETC-309C 
価格 8000円(税込8640円)

サイズ Sよこ15たて17m高さ7cm
Lよこ23たて27m高さ8cm

 

       

 
   

商品名 白樺のかご円セット(3個)
商品NO ETC-309
D 
価格 
12000円(税込12960円)SOLD
サイズ Sよこ1
3たて13m高さ7cm
Mよこ18たて18m高さ7cm
Lよこ22たて22m高さ8cm

       

       
   

商品名 白樺のかごハンドル付小E
商品NO ETC-309
E 
価格 
10000円(税込10800円)
サイズ よこ
17たて21m高さ12cm
ハンドル高さ22cm




商品名 白樺のかごハンドル付大F
商品NO ETC-309
F 
価格 
12000円(税込12960円)
サイズ よこ
20たて27m高さ14cm
ハンドル高さ26cm